寝かしつけ便利グッズ!絵本と知育のプロジェクター

本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

育児
この記事は約5分で読めます。

こんにちは!Azuです。

前回は、おすすめの育児本を紹介しました。


その中で我が家はねんねトレーニング、いわゆるネントレに苦戦したと書きました。

今回は、当時の育児日記を参考に我が家のねんねトレーニング記(寝ぐずり遍歴)についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

生後2ヶ月ごろ

夜寝る前の授乳が終わり、寝かしつけようとすると大泣きを始めるようになりました。

この時期に効果のあった方法がこちら

・ウトウトするまでミルクを足す
・ウトウトしたらおしゃぶりを咥えさせてみる
・眉間からおでこを優しくなでなで・ポンポンしてみる
・頭を布で覆う(仰向けで寝ている際に頭頂部に布をピタッとつける)

スポンサーリンク

生後3ヶ月ごろ

寝かしつけの雰囲気になると大泣きを始めるのは変わらず。
一度寝てしまえば朝方まで寝続けてくれるんだけどねぇ。。。
悩んでネントレ本を読み漁った時期。
この頃からゆるジーナ式スケジュールで生活のリズムを整え始める。

娘が静かに大人しくなったタイミングを見計らって寝室へ。
絵本を1冊読み聞かせて、クマのぬいぐるみとお話しをしていたら、寝た!
抱っこや授乳、体ポンポンに頼らずに寝れたのはこれが初めて!

・おしゃぶりが効果あり!
・授乳後、コテっと寝てくれることが増えた。

生後4ヶ月ごろ

・添い寝をしながら今日1日あったことを話すと泣かずにストンと眠れるようになった。

生後5ヶ月ごろ

寝返りができるようになったことで、寝ている間にも無意識に寝返りしていることが…!

寝てる娘が泣き出したと思ったら、うつ伏せになったまま元に戻れなくなっていて苦しんでた(゚o゚;;

この時期特有の夜泣きの種類かも。

生後6ヶ月ごろ〜1歳

・近くで添い寝していれば、泣くことなく自然と眠ることがかなり多くなった!
・泣き始めたときは子守唄が効果あり
(ゆりかごの歌、シューベルトの子守歌、ねんねんころりよ)

1歳

6ヶ月ごろから続けていた寝かしつけと、ゆるジーナ式の生活リズムのおかげで全く寝ぐずりがなくなった!

また、1歳のお誕生日に祖父母からこちらの商品をプレゼントしてもらいました。

ドリームスウィッチ!

これが、寝かしつけにものすごく役立っています!

お話(日英)、童謡、言葉、星座の話などなど、コンテンツがとっても充実しています。

また、お話が終わると羊の三兄弟が出てきて

「今日のお話も面白かったねぇ。明日もいっぱい遊ぼうねぇ。ふぁぁ。。。(あくび)」
というような言葉で締めてくれるので、おやすみモードに入りやすいです。

ここでもし添い寝している私が寝落ちしてしまっても大丈夫!
1分ぐらいリモコンを操作しないでいると、勝手に主電源が切れてくれます。これ、助かる!
そして、お話も終始おやすみモードな曲がBGMとして流れているので、一緒に聞いている私たちも寝落ち率高まってしまいます(о´∀`о)

私の寝落ち率は高まりましたが、これを使い始めてから格段に寝かしつけが楽になったので、これはあって本当によかった!
頂いて1年経った今もほぼ毎日寝る前に見ています。

つまり、この1年間の寝かしつけはずーーっっとドリームウィッチ頼みです★

かといって、これがないと寝られないというわけではなく、旅行や祖父母の家でのお泊まりの際は、添い寝でストンと寝てくれます。

まとめ

今日は我が家の寝かしつけ遍歴と、お気に入りグッズを紹介しました!

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました