2歳児にオススメ!ひらがなが学べる絵本

本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

育児
この記事は約3分で読めます。

こんにちは!Azuです。

子育て中のみなさんの多くが、子供に絵本を読み聞かせることを大切にしているのではないでしょうか。
特に2歳を過ぎてくると、集中してお話を聞けるようになったり、本の内容をかなり理解できるようになったり、自分一人で絵本を開いて読んでみたり、「絵本」という一つのことにしてもかなり成長が見られるようになりますよね。

ただ、今の時期どんな絵本を読んだらいいの?
どんな絵本がハマるの?
みんなどんな絵本を読んでいるの?

という疑問をお持ちの方も多いと思います。

そこで今日は、我が家の2歳児が最もハマったオススメの絵本をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

やってみよう!あいうえお

この本は、今まで読んできた本で一番お気に入りです。

2歳ちょっと過ぎという年齢的にベストマッチなのかもしれません。

びっくりした「あっ!」

はみがき じょうず「いー」

おなか いたい「うぅっ」

のように、「あいうえお」 から 「わをん」まで、一つひとつのひらがなに合わせたオノマトペなどを、イラストとともにリズムよく声に出すことができます。

聴覚・視覚に記憶されやすいのか、私が読んだ後に真似して言ってみたり、

「これは何?」と聞くと、文字は読めないはずなのに絵を覚えて

「びっくり あっ!はみがき じょーず いー!」

などと言うんです!

お気に入り過ぎて娘はよく

「あえあえお(言えてない) よむー!」とリクエストしてきます(*^^*)

子供は楽しく読めるし、親としてはひらがなを教えられて知育気分!

言葉も理解し、やりたいことが増え、真似をしたがるこの時期にぜひいかがですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました