自分でできる!簡単!車の鍵の電池交換

本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

生活の知恵
この記事は約4分で読めます。

こんにちは!
Azuです。

車を持っている方、車の鍵、いわゆるスマートキー・インテリジェントキーの電池交換ってどこでしていますか?

私はいつもディーラーに持って行ってしていたのですが、今回初めて自分でやってみたら案外簡単だったのでご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

車の鍵の電池交換を自分でする方法

我が家のスマートキーはこちら。

スポンサーリンク

鍵からメカニカルキーを取り出す

鍵からメカニカルキーを取り出します。

「メカニカルキー」とは、車のドアの鍵を施錠・開錠するための鍵のことです。

通常は使用しませんが、電池切れなどで車のドアが開けられなくなった時などに使用します。

中央下部のボタンを押しながら金具部分を引っ張るとメカニカルキーが出てきます。

鍵本体を開ける

この結合部分を開くと電池が出てきます。
コインを差し込み、
クルッと強めにひねると開きます。

手で開けるにはかなり硬いので、コインやマイナスドライバーなどを使って開けることをオススメします。

いざ、電池交換!

開くとこんな感じになっています。

我が家の場合、対応電池はこちらの「CR2032」でした。

一般的なスーパーやディスカウントストア、ドラッグストアに売っているタイプのものです。

鍵をよく見ると、ボタン電池の横に「CR2032」と書いてくれています。

あとは逆の手順で閉じるだけ!

あとは逆の手順で、

電池の蓋を閉じて〜

メカニカルキーを差し込むだけです!

これで電池交換が完了します!簡単〜〜〜!!

まとめ

これまで私、ディーラーに行って電池交換をしていたので工賃数千円をその度に払っていました(・∀・)

自分ですれば電池代だけで済むし、わざわざお店に出向かなくてもいいのでとっても楽です!

電池交換を放っておくと、車に乗るたびにアラート音がしてちょっとしたストレスだったのですが、それからも解放されて気持ちがいいです(^ ^)

今回は、Hondaの鍵でご紹介しましたが、どのメーカーでも大体の鍵の作りは同じようです。

電池もそこらで購入できるようなタイプのものが一般的なので、ぜひご自分で電池交換にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました