簡単!折らない新聞紙ゴミ袋の作り方

本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

サスティナブル
この記事は約2分で読めます。

こんにちは!
Azuです。

脱プラスチック生活を目指す人が直面するであろう壁のひとつ…ゴミ袋!
あなたは家の中のゴミ箱にどんなゴミ袋をセットしていますか?

私は、ゴミ袋として長年ビニール袋を使っていたのですが、

ゴミの日のたびにビニールを消費しているのはエコじゃない!

かといって、何もつけないのも不衛生だし…

と試行錯誤した末、新聞紙をゴミ袋にすることにしました。

スポンサーリンク

折らずに簡単!新聞紙で作るゴミ袋

折り紙のように折って作るゴミ袋もありますが、ゴミ箱にセットするにはサイズが合わなくて不便。
そしてズボラな私は新聞紙を折ることすら面倒。

折らずに、簡単に、そしてどんな形のゴミ箱にもピッタリと合うゴミ袋の作り方をご紹介します!

スポンサーリンク

作り方

ゴミ箱の口に合わせて新聞紙を巻き付けます。

新聞紙の先をクシュクシュっとすぼませます。

すぼませた先を優しくゴミ箱に押し込みます。

完成!

折る手間もなく簡単にできます。

コツ

コツは、クシュクシュっとすぼませるときにしっかり目にすることと、

先端をゴミ箱に押し込むときに破けないよう優しく行うことです。

まとめ

新聞紙を折り紙のように折って作るゴミ袋も日々の生活の中で大活躍。

ですが、折る手間が省けるこの新聞紙ゴミ袋も、我が家では重宝しています。


ゴミ箱にセットしていたビニール袋を、新聞紙に変えるだけで一つ脱プラになりますね。


ちなみに我が家は新聞を取っていないので、実家から大量に持ち帰ったものを使いました^^
新聞紙って、子供の学校行事でもたまに必要になるなど何かと出番がありますよね。
急遽手配しなければならなくなったときのためにも、ある程度常備しておくと便利ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました